DIGI-TEXX デジタル化

デジタル化は情報をデジタル形式に転換するプロセスです。

あらゆるデジタル変換プロジェクトの基本的段階

最近では、「デジタル変換」、「第4次産業革命」、「ブロックチェーン」、「デジタル化」、「ビッグデータ」、「人工知能AI」などが話題となっています。

組織は現状のプロセスを自動化するデジタルビジネスに転換したいと考えています。これらのデジタル化傾向がある中、多くのプラットフォーム、製品、技術が市場に投入されています。これらの解決策を実行するために、組織には適切なデータが必要です。それは多くの組織にとって適切なデータとして定義することができます。

倉庫に文書を保管する問題とリスク

新しい技術により、従来の紙文書に代わり、電子的なデータ入力が可能になりました。例えば、お客様はオンライン申請書に記入できます。しかし、全ての人々がその方法を望んでいるわけではありません。法律上の制約だけでなく、紙、手書きによる署名はまだ好まれています。例えばベトナムでは、法的な理由により、企業は通常何年にも渡って大量の紙文書を保管します。

自身のオフィスに文書を保管する会社もあれば、アーカイブ・パートナーからの支援を求める会社もあります。文書を物理的に保管すると実際には多くのリスクに直面する可能性があります(例:水や火、昆虫による損害、時間経過による紙の劣化)。さらに、物理的倉庫に保管するとき、個別の文書を探すことは追跡システムがなく大変な作業になることがあります。同様に、物理的文書ではビジネス分析やマーケティング分析などの大量のデータを利用することも不可能です。

DIGI-TEXX | ベトナムの大手BPO企業-転換はここで起こる

電子データまたはデジタルデータ

デジタルデータを生成するプロセスはデジタル化と呼ばれ、これは文書をアナログ版または紙版から電子版に変換するプロセスです。そのプロセスにかかわるタスクを実行するための一般的な装置もあります。最近では、文書(例:請求書)スキャン後、その請求書の画像を入手できます。技術の進歩により、電子画像版が数秒で検索可能なPDFに変換でき、そのデータをコピー/抽出することが可能となりました。

当社は貴社のビジネスを成長させるための鍵です。

当社の認識技術&スタッフ:

認識技術は、光学文字認識(OCR)光学マーク認識(OMR)から文字認識(ICR)まで時間の経過とともに進化します。 認識技術の詳細情報。

ただし、この技術で全種類のデータを正しく抽出できる保証はありません。通常、組織はデータを手動で入力し、検証するためのバックオフィスチームを必要とします。人々は間違いを犯す可能性があり、特にデータ入力が主な仕事ではない場合、その人が間違いを起こす可能性が高まります。DIGI-TEXXはそのような問題を解決できる1500人のデータ入力者、スキャンスタッフと品質管理の専門家が揃えています。当社のスタッフは十分な訓練を受けており、最適なプロセスで仕事をしています。そして、ソフトウェア開発チームは17年間の文書処理及びデジタル化の経験を組み込んで、自社開発のデータ入力プラットフォームを使用してサポートしています。データは、プラットフォーム上で最速かつ最も正確な方法で入力されるだけでなく、プロジェクトや文書の種類ごとにカスタマイズ可能です。デジタル化機能とプロセスは次のとおりです。

DIGI-TEXXは最新の技術を取り入れながら、自社開発の技術、熟練スタッフの作業を組み合わせ、ベトナムのデジタル化市場における最高レベルのBPO事業者となりました。デジタル化は、お客様のプラットフォーム(オンサイト)または弊社のプラットフォーム(オフサイト)及びその中間(オンサイトとオフサイトの統合)で行うことができます。

こちらからお問い合わせください!

Contact Us
Call Now
Directions