請求書の処理:経験技術&検証テクニック

インソーシング対アウトソーシングのモデル

どのような戦略で計算するか?

社の日常財務と計算業務にXeroまたはSageのような計算プラットフォーム/ソフトウェアを採用することをお考えになっていますか?それは良いアイデアです。しかし、更に良いものがあります。XeroまたはSageモデルは、使用者が技術全体/その一部を採用して自社運用、またはクラウド上で実行を望む場合の社内モデルです。その技術は、非常に魅力的です。しかし、それらは全てのビジネスに適したソフトウェアではなく、カスタマイズのために多大な努力が払われていることを認識しなければなりません。また、人的サポートがないと自動化を保証できるソフトウェアはありません。結局、お客様の組織内に各種作業が残ります。

当社は全ての計算支援業務を処理する「アウトソーシング」モデルを提案します。その業務は以下のとおりです:請求書の受領、スキャニング、データ入力、請求書データの検証、仕入先評価のような処理文書と請求書データの実証、注文書、預金通知、納品書、ビジネス洞察のための請求書データ分析。

DIGI-TEXXでは、異なるフォーマットの請求書は30以上の言語で処理されます。世界中のお客様が高精度データを受け取れるようにします。当社の自社開発の処理アプリケーションと様々な技術により、全体的な高パフォーマンスとエラーの減少が保証されます。

ご相談やご利用の依頼は、お気軽にお問合せください。

適切な検証:細かい技術が大きな違いを作る

請求書処理の長年の実績が重要です:細やかな技術は速度と品質を大きく改善し、競合他社とは異なる成果をもたらします。当社はミス軽減のために適切な検証ツールを活用します。更に当社は文書を検証し、問題があった場合にはお客様に警告し、詐欺の検出プロセスを実施します。検証技術は、請求日、電話番号、住所の検索データベース、様々な分野の確認機能、様々な国の名前などに適用されます。

こちらにお問い合わせください!

請求書の処理プラットフォーム:請求書プロジェクトごとにカスタマイズされます

当社のBPOプラットフォーム-DIGI-SOFT3.0はDIGI-TEXXプロジェクト・マネジャーが新しく実装した請求書の処理プロジェクトを完全に自身でセットアップできます。マネジャーはプロジェクト型のベンチマーク機能を使用し、各プロジェクトに自身の相談チームを簡単に選択できます。報告と監視の機能はいつでもどこでも簡単に利用可能です。これにより、プロジェクトのセットアップ作業を短縮できます。

プロジェクト・デザイナーは、ドラッグ・アンド・ドロップで、数分で各請求書プロジェクトのワークフローを設定できます。ワークフローはプロジェクト開始から終了時までの請求書処理方法を定義します。プラットフォームは以下無制限の事前定義とカスタマイズ可能なサービスを提供します:一部の画像サービス(モバイル・キャプチャーを含む)、暗号化/複合化、ファイル転送、フォーム認識と自動分類、分類、自動的データ抽出、データ入力、ダブル・データ入力、例外処理、様々なレベルでの品質管理、配達など。

DIGI-TEXXでの適切な請求書処理

Contact Us
Call Now
Directions