保険バックオフィス:処理&自動化

保険の事前審査と検証プロセス

保険会社は通常、毎日大量の保険金請求依頼を受け取ります。各保険会社は保険金の申込みに従うべき独自の提出基準と形式があります。保険金の申込み提出には多くのエラー(例:必要以上の文書、間違った文書、足りない文書、間違ったフォーマット)が含まれる可能性があります。各請求に対する清算とフォーマット作業は時間が掛かり、複雑です。当社のスタッフは、間違いを正しく認識し、修正するために、豊富なトレーニングを受け、保険金請求に関する深い知識を持っています。

DIGI-TEXXのスタッフは保険会社のシステムに接続し、直接請求を修正し、申込みを分類した上で、間違いを洗い出します。保険会社はDIGI-TEXXのBPOサービスのおかげで、競争力を向上させながら経費と手続きの間違いを減らします。以下の通り、DIGI-TEXXでは、申込み形式に関係なく、様々な種類の保険文書を処理します:請求フォーム、IDカード/パスポート、鑑定書、調査報告、医療記録、病理組織学的レポート、手術室ノート、X線、研究報告、血液検査、補助請求書、分割請求書、病院で支払われた金額の領収書、薬の処方箋など。

さらに、保険会社が請求件数の変動が大きい可能性がある休暇明けも、DIGI-TEXサービスの継続性は保証されて保証されています。

診断の標準化またはコーディング

保険金請求プロセスには医療提供者(例:病院、診療所)と保険支払人としての保険会社のやり取りが多く発生します。この請求プロセスの間、正確な請求のために、訪問後、医者の診断は一連の保険コードに変換されます。(例:現在の手続きコード)

医者/医療提供者は異なる診断書の書き方をすることもあり、多くは手書きです。実際には、保険請求を被保険者/患者が処理しているとき、保険会社には困難が伴います。結局、被保険者/患者の待ち時間は長くなり、当社のお客様の競争力に影響を及ぼします。

当社のDIGI-TEXXチームは診断段階を国際的な保険コードと照合することで、請求プロセスに参加します。診断コードは医者によって異なりますが、数十億のコードの組み合わせがあります。仕事は当社のお客様のクラウド・システムで行われます。当社は診断内容の処理の完全な方法を提供します。当社の高度なORCは自動的に関係用語を検出し、抽出します。検索データベースは標準的なコーディングを提案する間、専門のスタッフが検証し、提案された標準的コーディングが書面または印刷された用語に適合することを確認します。標準的で明確なデジタル診断が残りの請求処理の主な情報源になります。

DIGI-TEXXサービスにより、当社のお客様はその請求と支払いプロセスを効果的に自動化できます。さらに、当社のサービスは保険会社のコード不一致を減らし、短時間で正しい請求を保証します。

新規保険事業の申込み処理

DIGI-TEXXでは、当社のお客様に集中型から分散型モデルへの転換とモバイル・スキャン機能利用による新事業承認のスピードアップをお勧めします。当社は全ての新ビジネスの申込みがDIGI-SOFTプラットフォームで完全にデジタル化されるペーパーレス化を保険会社に提供します。当社のOCRにより、文書の種類に関わらず自動的にデータ抽出可能です。(例:申込み書-手書きと印刷された多数の補助文書)

こちらにお問い合わせください!

Contact Us
Call Now
Directions